第19回公演 代役

次回公演は5年ぶりの新作長篇です。

「母が人工知能だと知らずに18年間生きてきました……」

作・演出:中野 守

日時:2018年7月14日(土)19:00
15日(日)14:00/19:00
16日(月祝)13:00/17:00
場所:インディペンデントシアター2nd

料金:前売2,800円、当日3,000円
学割前売1,500円、学割当日1,800円(要身分証提示)

チケット予約開始:2018年6月1日(金)21時
CoRich予約ページ

携帯からの予約はこちらをクリック!


出演:
川原悠
延命聡子(以上、中野劇団)
青木道弘(ArtistUnitイカスケ)
河口仁(シアターシンクタンク万化)
是常祐美(シバイシマイ)
ほっぺふき子(i_design)
土肥希理子
北川啓太
高嶋Q太(後付け)
音声出演:真野絵里(中野劇団)

舞台監督:ニシノトシヒロ(BS-Ⅱ)
音響:下田要(劇団熊タオル)
照明:真田貴吉
演出補:諸岡航平
宣伝美術:廣瀬愛子
制作:諸岡航平、三条上ル

協力:玉井秀和(劇団FAX)/ArtistUnitイカスケ/シアターシンクタンク万化
シバイシマイ/i_design/後付け/BS-Ⅱ/劇団熊タオル/イズム/ライトアイ

CoRichの『代役』公演情報ページ

今回、中野劇団に初めて出演いただく役者さんが6名もいます。
中野劇団らしさと、これまでの作品になかったテイストと
両方出せたらと考えています。
4月から稽古を開始して、
毎週末、楽しく、そして有意義な稽古を行っています。

ゲストプロフィール(届いた順)

河口仁(シアターシンクタンク万化)

シアターシンクタンク万化/イズム所属。シュールなコメディからシリアスな評伝劇まで、ジャンルを問わず、様々な舞台に出演。一人芝居フェイスティバル インディペンデントにおいて上演した「DANCE BURRN」が5年に一度選ばれるセレクション10作品に選出され、全国ツアーにも参加。コメディ作品の演出にも定評がある。短編映画祭48hfp「ノブヒデ」(エドボリガイズ)で、主演男優賞を受賞。大阪アニメーションスクール専門学校講師。

 

是常祐美(シバイシマイ)

黒髪長髪公家顔と人当たりのマイルドさを武器に、どこでも行ってなんでもやる役者。近年コメディ作品の出演が目立ち、“コメディエンヌ”と評されることも。自身が参加するユニット【それはそれシスターズ】として2017年度エミィ賞グランプリ“作品賞”受賞。申年、O型、さそり座の37歳。最近、階段の昇り降りがキツイ。

 

土肥希理子

高校から演劇を始め、主に京都・大阪で活動中。
立場が弱くて幸の薄い役をやることが多く、正直そろそろ幸せになりたいと思っている。
普段の仕事は保育園の先生。
言葉と常識が絶妙に通じない子達に振り回されつつもめっちゃ癒されてる毎日です。

 

青木道弘

多角的エンターテイメント集団「Artist Unit イカスケ」主宰。元々、漫才師として活動していたが、 よりエンターテイナーになる事を志し、現在では漫才師以外に脚本家・演出家・俳優・龍笛演奏・花火師・イベントプロデューサーとして活動している。
特に、脚本、演出としては北海道・東京・九州・沖縄で公演するなど、地元関西以外にも活躍の場を広げている。