第19回公演 代役

SNSや仮チラシでちょこちょこっと情報を漏らしているわりに、
公式サイトでの発表がなくてすみません。
次回公演は5年ぶりの新作長篇です。

「母が人工知能だと知らずに18年間生きてきました……」

作・演出:中野 守

日時:2018年7月14日(土)
15日(日)
16日(月祝)
場所:インディペンデントシアター2nd
料金:前売2,800円、当日3,000円

出演:
川原悠
延命聡子(以上、中野劇団)
青木道弘(ArtistUnitイカスケ)
河口仁(シアターシンクタンク万化)
ほっぺふき子(i_design)
土肥希理子
是常祐美(シバイシマイ)
北川啓太
高嶋Q太(後付け)

音響:下田要(劇団熊タオル)
照明:真田貴吉
演出補・舞台監督補:諸岡航平
制作:諸岡航平、三条上ル

今回、中野劇団に初めて出演いただく役者さんが6名もいます。
中野劇団らしさと、これまでの作品になかったテイストと
両方出せたらと考えています。
4月から稽古を開始して、
毎週末、楽しく、そして有意義な稽古を行っています。

6月1日頃チケット一般発売開始予定です。
この公式サイト、劇団twiterアカウントなどで、チケット関係の情報をお伝えいたします。