真実は笑わない

脱サラして海賊になる父親とその扶養家族の話。
上演時間:約105分

■ 内容
大学受験勉強中の高校三年生香芝蓮司は目を覚ますと海の真ん中にいた。
記憶を辿る。夕食時に父、薫とが脱サラして海賊になると告げた。
母、葉子もそのことを受け入れていた。
蓮司は食事に睡眠薬を混ぜられ、
眠っているところを帆船に運び込まれた。
仕事人間の父、子育てに失敗しアルコール依存症の母、長女、
家出同然の次女、受験生の長男という家族構成の香芝家を中心に
父の旧友が拾った船を舞台に物語が展開する。

■ 上演申請
脚本のご利用を希望される方はコチラをお読みいただき、必ずメールにてご連絡下さい。
また、公演情報をチラシやパンフレット、HP等に掲載される場合は脚本:中野 守(中野劇団)とご明記下さい。

■ 脚本使用料
長篇の料金です。

 

■ 備考