長篇:ぼくらのいもうと

ジャンル:ノンストップコメディ
上演時間:約110分

■ 内容
匿名の人物によって
インターネットの片隅にアップされ
局所的な反響を呼んだ小説『天空』
その物語を読んだ一人のファンが
ある掲示板へ書き込む
「天空高校は俺の母校かも知れない」
そして、オフ会が開かれる

駅前のマンションに住む安堂寺杏奈は、
仕事の大事な契約をとるために、
取引先の担当者であり、大学時代の先輩でもある
笹原という男を待っていた。
インターホンが鳴る。
杏奈がドアを開けると、現れたのは職場の部下である
昆陽という男だった。
彼はいきなり部屋に入って来て、
おもむろにノートPCを取り出すと、
ある場所を盗撮盗聴しはじめた。
盗撮しているのは同じマンションの別室で、
今から某巨大掲示板のあるスレッドに集まる者による
オフ会が始まろうとしていた。
そこに盗撮カメラを持たせてスパイとして潜入しているのは
昆陽の妹。

2つの部屋を舞台にした一幕物コメディ!

■ 脚本を読む

■ 上演申請
脚本のご利用を希望される方はコチラをお読みいただき、必ずメールにてご連絡下さい。
また、公演情報をチラシやパンフレット、HP等に掲載される場合は「脚本:中野 守(中野劇団)」とご明記下さい。

■ 脚本使用料
長篇の料金です。

※季節無料制度(2015年12月20日以降適用。実験的な運用なので、告知なく変更、終了する場合があります。ご注意下さい)
3月最終週、4月第1週が本番日の公演の場合、無料にします。(脚本使用料5000円以上の場合は5000円割引)
制度利用をご希望の場合は、上演申請の際にその旨をご連絡下さい。

■ 上演履歴
第10回公演 ぼくらのいもうと

■ 備考
脚本公開用に題名を変更していましたが、またこっそり戻しました。
舞台映像をDVDにしています。
購入をご希望の方はメールでご相談下さい。
(ご返信・ご対応に日数がかかる場合がございます)