『代役』が門真国際映画祭 優秀作品賞に選出されました

2018年に中野劇団が上演した5年ぶりの新作長篇『代役』が門真国際映画祭2019 舞台映像部門 優秀作品賞6作品に選出され、上映されます。 また、出演者の河口仁さんが最優秀主演男優賞、ほっぺふき子さんが最優秀助演女優賞にそれぞれノミネートされています。

2019年7月27日(土)17:15~
門真市立公民館 スクリーン3

門真国際映画祭サイト
https://www.kadoma-filmfes.com/

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。