■ 内容
診察室。男が医者に腎臓がピロシキになっていると宣告される。

■ 登場人物
2名(医者、患者)

■ 所要時間
約10分

脚本を読む

■ 上演履歴
2004.3 中野劇団第2回公演 短篇集『大山崎』
2011.11.17 スイス銀行さん主催『スイス金鉱』で上演
ウェブコント『エコタンク』

■ 上演申請
脚本のご利用を希望される方はコチラをお読みいただき、必ずメールにてご連絡下さい。
また、公演情報をチラシやパンフレット、HP等に掲載される場合は脚本:中野 守(中野劇団)とご明記下さい。

■ 脚本使用料
短篇の料金です。

■ 備考
脚本登録&公開サイト:はりこのトラの穴にて公開

■ 雑記
お陰様で自作の中で上演依頼数最多の脚本です。ということもあって、思い入れの強い作品なんですが、どういう経緯でこのアイデアが出てきたのか、全く覚えてないんですよね。
上演の写真や映像、音声など送っていただけると嬉しいです。