短篇『全員記憶喪失』

■ 内容
密室の中にいる数人の男女。ひとりずつ目が覚める。お互い知らない者同士。何故自分がこの部屋にいるのか、錯乱する。そして、このの全員、自分の記憶がないことに気づく。自分が誰なのかわからない。どうしてここにいるのか、誰が連れて来たのか、何も思い出せない。サスペンスコメディ?

■ 登場人物
5名(男性4名、女性1名)

■ 所要時間
約10分

 

■ 上演履歴
2009.10.31-11.1
中野劇団第11回公演 短篇集『義理の夫』

 

■ 脚本使用料
短篇の料金です。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。